読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 肉が行って魚が来る  ຊີ້ນໄປ ປາມາ

紆余曲折の人生をストレートに表現しています。

29歳のとき 姑と同居したら大バトルが勃発した 2

人生の軌跡

姑と同居してから、営業の仕事よりも家で暮らす方がストレスを強く感じるようになりました。

第二ラウンドのことを綴ります。

姑はアムウェイの熱狂的信者として、色々と活動していました。

これに加えて、ペテンの布団売りの仕事?も一生懸命取り組んでいたようです。


私がネットワークビジネスを否定する理由は上の序列に居る人が下の序列の人に対して洗脳をするからです。


具体的に言うと、

  1. まずは仕事に対するモチベーションを高く維持させようと、仕事を通じて得た成功体験を語る。

  2. あなたも頑張れば同じように夢が叶いますよと言う。

  3. あなたが成功を望むなら、現実にすべきことは何か?
    まずは欲しい物やなりたい姿をイメージしましょう。
    それを叶えるためには毎日何人の人に会って、何人にどれだけ売るのかという明確な目標を立てましょうと言う。

  4. 目標に対して、現実はどうであったか結果報告をしましょうと言う。


姑はだいたいこんな感じで頭の中身が洗脳されていたように感じました。

 

実際に一緒に暮らしてみて、姑はこれらを忠実に実行しようと頑張っていたので、
同居する立場としては非常に大きな迷惑がかかりました。


で、実際に行動した内容は、

  1. BMW 525i が欲しいと言いだしました。
    ペテンの仕事に絡んだ友人からBMW試乗会のチラシをもらったらしく、
    有無を言わさず自分たち夫婦も試乗会に連れて行かれました。

    BMWとは、バイエリッシュのエンジン工場っていう意味なのよ」
    という話を聞き、これは誰かが吹き込んだ言葉に違いないと確信しました。

    軽自動車しか興味の無かったような人が、急にBMWを買いたいというあたりがもう洗脳なのです。

    会場に着くなり、姑が私に向かって「あなたが試乗しなさい。私は後部座席に乗るから」と言ってきました。

    試乗手続きのために安全運転の誓約書を書かされました。同時に私の運転免許証番号も控えられました。

    で、お目当ての車が回ってきたので試乗開始です。

    私が運転、営業マンは助手席、姑と奥さんは後部座席、
    義理の弟にお願いして子供の面倒を見てもらっていました。

    営業マン:「本日はお越しいただきまして、ありがとうございます。」

    私:「すごいイイ車ですね。」

    営業マン:「ありがとうございます。もしも購入される場合、どなたの名義になるのですか?」

    姑:「私の名前で買います」

    営業マン:「それなら、ご本人が運転された方が良いのではないでしょうか?」

    姑:「いいえ、私は運転しません。私は車両を買って所有し、娘の旦那に運転させるつもりです。」

    私:「このクソBBAめ」(←心の声)

    姑:「私はこの車に関しては、ショーファードリブンだと思って購入します」

    ※ ショーファードリブンとは、お抱え運転手が運転する車のこと。

    奥さん:「お願いだから怒らないで」(←小声)

    こんな感じで珍問答を繰り返して試乗会が終了しました。

    買えるわけがないのに、見積もりまで取っていて営業マンが一生懸命説明していたので私は思わず「そんなに真剣にならなくてもいいですよ、どうせ買えませんから」と言ってしまおうかと思いましたが、それはやめておきました。


  2. 朝はその日に会う予定の人やその人数、目標金額などについて、上の立場の人に電話をかけていました。(私は仕事に出ていたので知りません)
    そして、毎晩遅い時間帯にまた同じ人に電話をかけて、その日の売り上げや達成度、見込み客のことなど一生懸命報告をしていました。

    私は営業職として朝早くから仕事に出て行き、夜遅くに帰宅する生活をしていたのですが、

    もうヘロヘロに疲れて、あとは眠るだけというくらいで
    夜中の12時くらいの眠い時間帯になっているのに

    壁一枚隔てた隣の部屋で、その報告の電話をほぼ毎晩かけていたことから、電話の声がこちらまで聞こえてしまいとても迷惑をしていました。

    何回、注意してもこの夜の電話をやめることをしなかったため、
    私はとうとう堪忍袋の緒が切れてしまいました。

    部屋をノックしても無視されたので、姑が使っている部屋の壁を思い切り殴って
    穴を開けてやりました。

    そして「いい加減にしろやぁぁ!!」と怒鳴ってやりました。

    この怒鳴り声のせいで子供がびっくりして起きてしまったりで、
    本当に迷惑をしました。

こんなことがあって、実際の仕事よりも姑と同居するほうがストレスがたまってしまい、睡眠不足になりました。

またしても、心療内科に通院することになり睡眠障害だと言われて
何のために同居生活をしたのか?意味が分からなくなってしまいました。


今日はこの辺で



 

広告を非表示にする