読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 肉が行って魚が来る  ຊີ້ນໄປ ປາມາ

ラオス語の文書を日本語に翻訳する仕事を承っております。ラオスに辿り着いて翻訳者になるまでの人生の軌跡も綴っています。

人生の軌跡を書く理由

人生の軌跡

最近の投稿では、幼少時から小学校→中学校→高校にあった色々な出来事を書いています。

ラオス語翻訳者としての仕事と無関係じゃんと思われてしまいますが、

私がこういった内容を書いているのは、どういう人生を経てラオスに辿り着いたのかを説明したいからです。

今日になってようやく高校3年生くらいまでの記事を書き終えました。

いつか必ずラオスに行きついた経緯は書きますが、いつになるのか未定です。

気長に待っていただければと思います。


広告を非表示にする