肉が行って魚が来る  ຊີ້ນໄປ ປາມາ

紆余曲折の人生をストレートに表現しています。

自分の劣等感をあえて表現する

  • 私の身長は162cm。
  • ズボンを買うとき、裾を加工するのは当たり前。
    子供用の半ズボンが作れるんじゃないのかと思うくらい裾を大きく切る。
  • 結婚していたとき、奥さんは168cmあって脚長だった。
  • 車の運転を交代するとき、奥さんが運転するときは座席を後ろにスライドされるのがちょっと嫌だった。
  • その奥さんには学歴・職業・収入どれを見ても自分の方が低かった。
  • 学生時代、勉強や運動どちらも得意ではなかった。
  • いつでもクラスでのヒエラルキーは下。
  • のび太くんタイプだったのかも。
  • 女の人が苦手。
  • かなり多く告白した経験があるものの、そのほとんどが失恋している。
  • でも、何回かはお付き合いしたこともある。

 

ブログやネットの世界では、いくらでも誇大広告を書くことはできますが、
話を盛ることはせずに、あえてそのままの自分を表現しています。


バカ正直とか、要領が悪いとか色々と言われます。
たとえどんなに不器用でも、嘘や粉飾は絶対にしないつもりです。

両親、生まれた環境、身長、顔つきなどは自分の努力ではどうすることもできません。

このまま置かれた場所で生きて行く以外ないのです。

ມື້ນີ້ພັກຜ່ອນ ! (今日はもう休もう!)

広告を非表示にする