読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 肉が行って魚が来る  ຊີ້ນໄປ ປາມາ

紆余曲折の人生をストレートに表現しています。

仕事を得るにはどんな方法があるのか考えてみた

いくつかの方法を考えてみたので、ここに挙げてみます。
(生活費を稼ぐことを念頭に。)

  1. ラオス語関連の翻訳の他、通訳として現地に同行する。
  2. 世間の誰かが求めているような情報と、自分の能力や経験が合致するような内容をブログに盛り込んでアップしていくことで仕事の話が舞い込んでくることがあるので、そこを目指して投稿を続ける。
  3. ハローワーク
  4. 求人誌
  5. インターネット
  6. 友人・知人などから仕事の紹介。
  7. 人材派遣会社か人材紹介会社に登録して仕事を検索。

考えれば他の方法もあるとは思いますが、
自分の中で考えられるのはこの7つくらいでした。

私はつい先日まで深夜勤務の短期アルバイトに出かけていました。

徒歩で通勤できる範囲内で、
面倒で煩わしい人間関係がなかったのと、
たとえ給料は安くても確実に
給料をいただけることが分かっているので
もっと働きたかったのですが、
それは許されませんでした。

基本的に人と話すことは好きですし、
身体を動かす仕事も全く厭わないですが、

メンタルが弱いため、仕事の話として誰かから
「アホ・ボケ・早くしろ・○ね」
などと罵倒されるような仕事は敬遠します。
仮に採用されても、おそらく続かないでしょうから。

自宅でインターネットの環境が整っていればできるのは、
1,2です。

仕事を出す側の目線に立ったブログの記事で
アクセス数が増えていくことが必要になってくるので、

ブログを良い方向に書き変えていくようなコンサルを受けるとか、
はてなブログの有料プランに変更するだとか、
セミナーや塾などに参加するなど
それなりの時間と費用を投資することになります。

個人レベルでの出費とはいえ、
先の見えないことに、時間を使ってお金を払うって怖いです。

今はフリーランスとしての身分ですが、
会社を経営している方たちは、
常にこのような投資と結果について
頭を使うことが仕事なわけですから、すごい精神力ですね。

ມື້ນີ້ພັກຜ່ອນ ! (今日はもう休もう !)



広告を非表示にする