肉が行って魚が来る  ຊີ້ນໄປ ປາມາ

紆余曲折の人生をストレートに表現しています。

離婚によって別れた子供に送金したい

まとめ。

  • 会いたいとか感謝されたいというような見返りは一切なし。
  • 4月から中学生になるので、離れていても人生の節目には何かしたいと思った。
  • 今さら何なんだよ?って思われる可能性アリ。
  • こういう感情を持つことは独りよがりなのだろうか?

 

先日、深夜勤務の短期アルバイトを終えました。

昼夜逆転の暮らしをしていたので、まだちょっと身体の感覚がおかしいのですが、
あと数日あれば体調を元に戻せると思います。

仕事中は人間ロボットと化していたので、決められた仕事量さえ守っていれば頭の中では何を考えようとも自由な環境にいました。

私には産後クライシス離婚によって別れてしまった子供がいます。

もう10年近く会っていません。
たとえ街ですれ違ったとしてもお互いの顔は知らないと思います。

それでも、子供と同じくらいの年齢の子を見ると自分の子はどんな感じなんだろう?っていう思いがますます強くなるばかりです。

何を今さら出てくるんだ?って思われるかもしれませんが、
4月から中学生になる本人にとって人生の節目の時期でもあるので、

アルバイトで働いたお金は本人のために送金しようかなと考えています。

たとえ感謝されずとも、会えなくてもいいんです。

こういう感情を持つことはマスターベーションと同じなのでしょうか?

起きる物事に対しての幸・不幸は自分の心が決めることなんです。

違う立場を想像すると・・・
離婚していなくなった父親がこんなことで送金してきたら子供としてはどう思うだろうか?迷惑なのだろうか?

別れた旦那が子供宛てに送金してきたら、元の奥さんはどう思うだろうか?

いつまで経っても答えは出てきません。

ມື້ນີ້ພັກຜ່ອນ ! (今日はもう休もう !)
ຫຼັບຝັນດີເດີ.(おやすみなさい)

広告を非表示にする