肉が行って魚が来る  ຊີ້ນໄປ ປາມາ

紆余曲折の人生をストレートに表現しています。

スピリチュアルな世界を否定する

まとめ。

  • 「家の玄関に掲げる表札は家の運勢を表す」など
    スピリチュアルなことを言われても理解不可能。
  • 表札は郵便配達や運送会社の宅配、近所の住民など外から来た人が名前を見て分かるようにしておけばそれでいい。
  • 玄関のポストには手書きの紙かテプラを貼っておけば充分。
  • 私が住む家に限った話である。

年明けに引っ越すため、色々と準備をしている最中です。

家族と雑談している中で表札の話しになりました。

もともと自分が育った家には立派な表札を掲げる習慣はなく、
郵便ポストに手書きの紙を貼るという形で簡単に済ませていました。

なので、今回の引っ越しでも昔からよくあるようなステンレス製の郵便ポストに手書きかテプラで名前を貼っておけばそれで充分だと考えています。

世の中には「表札には家の顔という意味があり、風水を基準に考えて素材やデザインはこだわったものにすべき。」という意見の方がいるのも確かですよね。

最近ではスピリチュアルという言葉に代表されるように、
目に見えない世界について人生を振りまわされている人がいるようです。

かつては自分もそういう一人で、かなり重症でした。
本屋に行って精神世界の本が置いてあるコーナーを徘徊しては何冊もの本を買ったり、誰かの話を聞いては鵜呑みにしていました。

でも、今になって考えてみれば、随分と無駄な出費や時間だったなと後悔しています。本さえ買ったら、それで分かったようなフリをして満足だったのかも知れません。

要は自分という中心軸が無かったということです。

例を挙げると、
スピリチュアルの世界で有名な人が「来世、あなたはアメリカの大富豪の子として生まれてくるだろう」なんて言ったところで信じますか?

今の私なら、そんなことを言われても信用しません。

来世があるのかさえ疑問に感じてしまいます。

現世の話しでも「あなたは両親を選んで生まれてきた」みたく言う人がいますが、
私としては「両親が愛し合ったから生まれてきただけ」と考えています。

「両親を選んで生まれてくる」というのは理論ではなく、ただの観念だということです。

来世があると仮定して、人間に生まれてくることは確実なのでしょうか?

人間に生まれるだけでなく、アメリカの大富豪の子として生まれてくるというのはいささか都合が良すぎると思います。

しかもその先の時代に、まだ大富豪の家があるのか?って言いたくなりますし。

もしも「蚊」として生まれたらどうするんでしょう?

せっかく生まれても人間の手のひらでバシッ!って叩かれたら
一撃であの世行きが決定ですよね。

例えばの話しですが、
昔、ファミコン(というゲーム)でスーパーマリオブラザーズが流行しました。

1-1のスタートで、最初に出会ったクリボーにいきなりぶつかって死ぬようなモンですよ?意味合いはそれと同じようなものです。

私が言いたいのは、スピリチュアルにのめり込みすぎて
「来世は○○として生まれてくるだろう」
「両親を選んで生まれてきた」なんて
そんな根も葉もないような話しに振り回されてはいけないということです。

誰かが作った勝手な観念に振り回されることなく、
現実の足元をきちんと見て生きていきたいものです。

ມື້ນີ້ພັກຜ່ອນ! (今日はもう休もう!)

広告を非表示にする