肉が行って魚が来る  ຊີ້ນໄປ ປາມາ

紆余曲折の人生をストレートに表現しています。

家族以外で自分のことを愛してくれる人のために

まとめ。
・基本的には自分の人生です。主人公は誰なのか認識すること。
・収入的に落ち着いた暮らしをしたい。
・今まで家族以外で自分を愛してくれる人がいたのに、粗末に扱ってきたことを反省し、今後の人生で出会った人は大切にしていけるよう頑張ること。


これからの人生は2足のわらじで生きていくつもりです。
片方はもう決まっていて、ラオス語の文書を日本語に翻訳する仕事を、生活を考えるとその仕事だけで食べていくのは難しいため、

もう片方の仕事を探している最中です。

 

今日は、ネットで検索した人材派遣会社数社に登録をしました。

 

過去の職務経歴を書くとか、簡単な四則計算、漢字の読み書きや
心理学テストなど、いくつかこなしました。

タイピングのしすぎで手首が痛くなったのは、今回が初めての体験です。

 

私にとって、人生の課題は仕事のこと。

現実を言うといきなり正社員になるのは厳しいので、
紹介予定派遣はどうかなと考えて、派遣会社に登録することを思いつきました。

 

もしも、紹介予定派遣についての実情をご存知の方がいたら、
是非ともコメントで建設的な意見をいただきたいと思います。

 

なぜ、いつも仕事や収入のことばかり気にしているのか?

 

私はバツイチなのですが、もう一回仕事や恋愛を頑張って
結婚したいと考えています。

 

40歳男性で、安定した収入が無くて、
仕事を探している身分で何を寝ぼけたことを言ってんの?って
思われそうですが、

無職・無収入で「彼女が欲しい・結婚したい」と無責任に言っているのではなく、

仕事に就いて安定した収入を確保できたら、婚活したいと考えています。
順番を間違えているつもりはないので、こうやって進めていくつもりです。

今までの人生を振り返ると、仕事や家庭でうまく行かなかった事が
多いのですが、

 

よくよく考えてみると、
親や兄弟以外で、自分のことを愛してくれた人がいたことを思い出し、
それなりに幸せな時間を過ごしていた時期もあったのも事実で、

親族以外で誰かを愛して、誰かから愛されるというのは、

何事にも変えられない幸せな体験だったと思います。

 

夜、一緒にいてそのまま朝まで同じ布団で寝るっていうのは
かなりの幸せを感じましたよ(遠い目)

 

今まで何人に告白しても片思いで振られてばっかりで、
それでもめげずに何人かの女性に惚れてお付き合いしてきて、

 

せっかく自分のことを好きになってくれた人がいたのに、
わがままが過ぎて喧嘩して、破局になったことが何回かあります。

 

歳を取るっていうことは悪いことばかりではなくて、
昔のそういったことを反省して、次に生かしていこうと
改めて考えることができるので、良い面もあると思います。

 

今やっていることは、すべて将来のため。

 

いつ誰を好きになっても、自信を持って恋愛ができるように
準備をしておきたいのです。

 

40代こそ人生で最良の10年にしたいので、
他人の勝手な意見、無慈悲で無責任な価値観に
押しつけられることなく、

自分の人生を進んでいこうと思います。

 

落ち込んでいようが、これから頑張っていこうと決意しようが、

過ぎて行く時間は同じですから。

 

ມື້ນີ້ພັກຜ່ອນ! (今日はもう休もう!)

広告を非表示にする