肉が行って魚が来る  ຊີ້ນໄປ ປາມາ

紆余曲折の人生をストレートに表現しています。

ラオス旅行するなら持って行った方が良いもの

日本ほど寒くはないものの、ラオスでも今の時期が年間で温度が低い時期になります。

ラオス旅行を考えている方を対象に、
日本にいるうちに準備しておくと良いものを簡単に挙げます。

  • 部屋着はスウェット上下がおすすめ。
  • 外出するときは、気温に合わせてフリースかセーター、
    ジャンパー又はブルゾンがあるとより良い。
  • 下には股引き(ももひき)もあると重宝します。
  • 日本からドライヤーを持っていく場合、必ず200Vから100Vへの変圧器も持っていくこと。日本のドライヤーは100V仕様ですが、現地は200Vのコンセントになっています。そのままコンセントに挿すとドライヤーが一発で壊れます。先端のプラグの形状は日本とラオスでは共通です。

首都ビエンチャンに住んでいたころ、最も冷える時期は深夜と早朝で10℃くらいになるときがありました。

朝晩は冷えるのに、
日中は太陽が昇ってくれば20℃を超える日もあります。

一日の中でも時間帯によって寒暖の差が出てくるので、
暑いなと感じたら気軽に上着を脱げるような
準備をしておくと良いです。

この記事を読んだ方が、楽しくて快適なラオス旅行になることを願っています。

ມື້ນີ້ພັກຜ່ອນ! (今日はもう休もう!)

広告を非表示にする