読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 肉が行って魚が来る  ຊີ້ນໄປ ປາມາ

ラオス語の文書を日本語に翻訳する仕事を承っております。ラオスに辿り着いて翻訳者になるまでの人生の軌跡も綴っています。

ツイッターをやってみての感想

日記

アカウントを取った目的は、このブログのプロフィール欄に貼り付けておけば、問い合わせのときにDM(ダイレクトメッセージ)を受信できるからです。

もちろん、問い合わせに備えてgmailのアドレスも貼り付けてあります。

自分が思うツイッターの便利な点は、色々な人が流した情報を気軽にチェックできること。これに尽きます。

困るのは、言葉が全く分からない外国人からフォローされたり、エロアカウントや鍵のかかったアカウントからフォローされること。

鍵のかかった方は、相手はこちらを見ることができるけど、承認されない限り、こちらは相手のツイートを見ることができないのでずいぶん一方通行だなと捉えています。

ですので、こういった方からのフォローは外させてもらっています。


鍵をかけるのが自由なら、そういう人を外すのも自由だと考えています。

もっとも、やっかいなのは自称?ビジネスコンサルタントのアカウントから「私は色々なビジネスを手掛けた経験があるので、あなたのビジネスをプロデュースさせてください。必ず成功してみせます」というメッセージが入ってくること。

美辞麗句が散りばめられていて、かなり立派な内容が書いてあるのですが、共通しているのは名前を名乗らない、連絡先を明記していないなど、怪しさ満点なものばかりです。

まぁ怪しいなと思えば気軽にブロックできるのも機能のひとつでしょうか。

自分の情報を広げて宣伝するためには、相手を選ばずにたくさんのフォロワーを増やすことは大切ですが、

どんな人からフォローされるのか、誰に見てもらうのか考えることも大切です。


やっかいな人にフォローされて、変なメッセージを受信してもストレスを感じるだけなので、自分のペースでゆっくりやっていこうと考えています。

広告を非表示にする