読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 肉が行って魚が来る  ຊີ້ນໄປ ປາມາ

ラオス語の文書を日本語に翻訳する仕事を承っております。ラオスに辿り着いて翻訳者になるまでの人生の軌跡も綴っています。

メンタルクリニック定期通院日

メンタルクリニック

・朝食前と夕食前 コタロー黄連解毒湯カプセル(1回2カプセル)

・就寝前 トラゾドン塩酸塩錠25mg「アメル」(1回1錠)
・就寝前 ゾルピテム酒石酸塩錠5mg「日医工」(1回1錠)

以前、黄連解毒湯は粉末のものを服用していましたが、口当たりが苦くてあまりにも飲みにくかったためにカプセルに変更した経緯があります。最初からカプセルを処方してほしかったなと思います。

f:id:translationlao:20161020105206j:plain


幼かった頃に親から受けた精神的な虐待であったり、理不尽な扱いをされたことなど(親はしつけだと言い張っていますが)大人になってもまだ心の中では完結していなくて、今でも何かの拍子にそういったことを思い出して気分が悪くなることがあります。

主治医からは、そういったときは思考が過去に行ってしまっているので、現実に引き戻すためにリラックスした呼吸を心掛けると良いというアドバイスを受けました。

あとは、定期的に有酸素運動をすることも重要だと言われました。

週に数回のマシントレーニングの他、夜に空手を習いに行こうかと考え中です。

心の中にこもったものを発散させることが良いと言われました。

普段から、空手に行きたい→怖いから行きたくないの繰り返しです。

広告を非表示にする