読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 肉が行って魚が来る  ຊີ້ນໄປ ປາມາ

紆余曲折の人生をストレートに表現しています。

フリーランス翻訳者の営業活動

フリーランスになって初めて注文した名刺の納期が分かりました。

予定通り納品されれば、営業活動に出ることができます。

自分を売り込みに行きたい気持ちが強い反面、費用と時間をかけて営業した分を回収できるかどうかという得体の知れない漠然とした不安と戦っているのも事実です。

会社勤めの立場なら、営業にかかる経費(車両、ガソリン、宿泊費など)は会社が負担してくれるので個人の財布が痛むことはまずありませんよね。

フリーランスで動いている者にとっては、個人の財布からの出費になりますので営業活動ひとつとっても大きな賭けとなります。

時々、公園の駐車場でかなり長時間に渡って企業の看板を背負った社用車を見かける場面があります。おそらくノルマを達成した後なのでしょう・・・・と思って見ています。

広告を非表示にする