肉が行って魚が来る  ຊີ້ນໄປ ປາມາ

紆余曲折の人生をストレートに表現しています。

はじめまして

宇宙刑事と申します。

2010年9月から2015年9月まで、東南アジアのラオス人民民主共和国という社会主義の国で暮らしながら、ラオス国立大学文学部ラオス語学科に通ってラオス語及びラオス文学に関する学位をいただいて卒業しております。現地で身に付けた知識や経験を生かし、フリーランスの翻訳者として仕事をスタートすることになりました。

ラオス語ってどんな言語?と思われる方がいらっしゃると思いますので、画像を貼り付けておきます。

これから、できるだけ更新等していきますので、よろしくお願い致します。

f:id:translationlao:20161007195725j:plain

広告を非表示にする