肉が行って魚が来る  ຊີ້ນໄປ ປາມາ

紆余曲折の人生をストレートに表現しています。

Laos

ラオスで暮らすうえで必要なビザ

今後は翻訳の仕事だけでなく、通訳としての仕事も受けられるようになりたいと考えて動いており、日本国内にとどまらずラオスで仕事をすることも選択肢に入っているため、現地でのビザに関する記事を投稿します。先に結論を言うならば、ラオスで長く暮らした…

ラオスの国家公務員を取り巻く環境

ラオス国立大学で過ごした学生時代の友達が現地で国家公務員の仕事に就いているのですが、その人から連絡が来てお金を貸して欲しいと懇願されました。結論からいうと、絶対にお金を貸しません。いちいち返事はせずに放置しています。今日はラオスの国家公務…

ラオスでずっと暮らすなら死を意識しろ

ラオス滞在時の話です。年に一回は日本に一時帰国していました。常に死を意識しながら生活していたので、日本にいる家族に遺言を伝えることが目的でした。毎年、家族に伝えていた内容: たとえ自分が事故や事件に巻き込まれて死んでも文句は言わない。 いつ…

3.11 東北で震災が起きた時 ラオスで募金活動をした話

6年前の震災のとき、私はラオスで暮らしていました。当時、多くのラオス人たちが募金活動に協力してくれたことに対して改めて感謝したいということでこの記事を投稿します。翻訳者として、このくらいは現地語でも表現しておきたいなと考えたので、簡単に書い…

床屋を変えると、自分の見た目や印象も変わる。

床屋の話です。ラオスに滞在していた頃、一か月に一度のペースで散髪に行っていました。 現地人が経営するお店でお値段は25,000kip(カットのみで顔そり無し)でした。(日本円に換算すると、およそ370円くらい)もう言葉の問題ではなく、何をどう言っても思った…

ラオスで日本円を両替するときに気をつけること

まとめ。 2010年と現在を比較するとラオスでは日本円の価値が30%近く落ちている。 ラオスで換金所を利用した際は、必ずその場で伝票と実際の数が合っているかどうか確認すること。 換金所の窓口の係員がお金をくすねる場合がある。 後で苦情を言っても受け付…

ラオス人はカラオケが大好き

まとめ。 日本語と同じようにカラオケと発音すれば、ラオスでも同じ意味で通じる。 以前、ラオス国立大学教育学部が主催となって教職員の養成講座の一環で心理学講習があったので、受講した。 「先生が楽しければ、学生も楽しい」という謎のキャッチフレーズ…

ラオス国内旅行記 (ルアンパバーン県・ナムバーク郡・南ナーニャン村)

まとめ。 ラオス滞在時、大学の休みを利用して国内旅行をしたので、そのときの写真をアップする。 ラオス北部の都市・ルアンパバーン県の中心街は世界遺産に認定されている観光地として有名。 訪問したナムバーク郡・南ナーニャン村は中心の観光地から4時間…

ラオスの社会問題を挙げてみる

まとめ。 ラオスでは、公務員の給料の遅配が問題になっている。 ラオスの首都ビエンチャンと地方との間で生まれている格差は、日本でいう東京と地方の差どころではない。 ラオスのニュースを扱っているTholakhongというfacebookページに下記のメッセージが投…

ラオス旅行のとき、紙がないトイレで大をした後はどうする??

大をした後に左手に水をすくって、直接その手でジャバジャバと尻を洗いました。 で、尻が濡れたままパンツを履くという・・・。 でも、気候が暑い国なのであっという間に乾燥します。 (携帯ウォシュレットなんてこじゃれたもの、 日本に帰国してから知りまし…

ラオス旅行するなら持って行った方が良いもの

日本ほど寒くはないものの、ラオスでも今の時期が年間で温度が低い時期になります。 ラオス旅行を考えている方を対象に、日本にいるうちに準備しておくと良いものを簡単に挙げます。 部屋着はスウェット上下がおすすめ。 外出するときは、気温に合わせてフリ…

ラオス語翻訳者の立場で就労支援の一部分に関わりたい

まとめ。 ラオスはコーヒー豆の産地として有名。 ホームステイでお世話になった家族がラオスでカフェを経営しており、コーヒー豆の販売もしている。 尊敬している方がいて、その方が将来は障害者の就労支援の一環でカフェを経営したいというビジョンを持って…

ラオスの不良警官に気をつけろ

まとめ ラオスでは、外国人が車やオートバイを所有するときは例外を除いて本人の名義では車両登録できない。 現地滞在時、KSR110を所有していた。 社外の爆音マフラーに交換したら、不良警官から罰金を取られた。なので、マフラーは純正のままが良い。 政府…

間違い電話を受けたとき  日本とラオスの違い

先ほど見知らぬ番号から間違い電話の着信がありました。 (もちろん、日本での話です。) 私:「はい、○○です」相手:「あのー、株式会社○○です。お世話になります。先日のことでお電話したんですが」 私:「え??ちょっと、待ってください。こちらは○○と申し…

日本で辛い思いをした人は、ラオスに行ってビールを飲んで踊って来い

このような記事を書いた理由は、自分は一度辛く悲しい経験をして日本社会で脱落してしまったけど、ラオスで暮らしていくうちに、また頑張って生きようと考え直すことができたから、日本の価値観をリセットすることが大切なんだということを、現在進行形で辛…

能力を落とさないために、復習が必要

日本で暮らしていれば、日常生活は日本語だけ使っていれば済んでしまいます。 私個人の勝手な意見ですが、外国語の能力というのは、せっかく身につけても毎日努力し続けないといずれは落ちてしまうのではないかと思います。 2足のわらじのうち、片方はラオ…

ラオスとベトナム、中国の関係は

ラオス国立大学に留学していた5年間(2010年~2015年)、私が在籍していたクラスではラオス人8名、ベトナム人20名、中国人3名、韓国人2名、日本人は私一人だけという構成でした。クラスの中で決めごとをするとき、声のデカイ中国人たちが3人で意見を言っても…