肉が行って魚が来る  ຊີ້ນໄປ ປາມາ

紆余曲折の人生をストレートに表現しています。

営業日報

定期的にかかる出費をできるだけ抑えたい

賃貸の物件で商売している方々とは違うため、莫大な出費がかかるわけではありませんが、 在宅翻訳者であっても、定期的にかかっている部分はあります。 簡単に挙げてみると、以下の5点になります。 インターネット(NTTの光回線)の基本使用料 市外局番から始…

名刺が完成したばかりというのに、引っ越しすることになった。

先日、ラオス語翻訳フリーランスとして初めての名刺を納めていただきました。これから配って営業活動に回ろうと思っていた矢先、家庭の事情によって、住んでいるアパートから他の場所へ引っ越すことになりました。 家族が絡んでいるので、引っ越しの話は自分…

営業のため横浜出張

15年ぶりくらいに、横浜まで来ました。駅構内を歩いていたら、道に迷ったり、人の多さに酔ったりとなかなかシビレました。さて、今回はラオス語の翻訳の仕事が欲しいということで、横浜市内の企業様にアポを取って訪問させていただきました。お客様:「訪問…

もがいても結果が出ない

企業のHPに応募の連絡は入れるものの、なかなかラオス語の仕事の受注までは届きません。フリーランスとしての仕事をスタートさせたばかりなので、種まきの時期だと思えば少しは楽になるのですが・・・。現実の生活を考えると、仕事がないということは、そ…

初めての営業活動

関東地区のお客様あてにアポイントを取ることに成功しました。会社員時代はいくら仕事を頑張ろうがそれは会社の看板あってのことでしたが、この仕事を一人でやるようになったら、それは私個人が身に付けた言語の能力を評価してくださってのことだと解釈して…