読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 肉が行って魚が来る  ຊີ້ນໄປ ປາມາ

ラオス語の文書を日本語に翻訳する仕事を承っております。ラオスに辿り着いて翻訳者になるまでの人生の軌跡も綴っています。

ラオスとフィリピンの両方で食べた卵を紹介

この画像はフィリピンに滞在していた時に撮影したものです。「美味しい卵があるから食べてみなよ」と言われ、殻をむいたらびっくり。まぁ確かに卵ですよ。中身がもうヒヨコの形になっていました。(ノ゚ο゚)ノ これはフィリピンの言葉でBalut (バロット)といいま…

ラオスで有名なフランスパンを紹介

ເຂົ້າຈີ່ປາເຕ້ (カオチーパテー)と呼ばれるフランスパンのバゲットサンドを紹介します。 横に置いてある飲み物はペプシコーラで5,000kip(日本円でおよそ75円くらい)です。 写真を撮った場所は首都ビエンチャンの中心街にあるお店で、なおかつ観光客向けのた…

ラオスの食べ物を紹介2

ເຂົ້າລາດໜ້າກະເພົາ(カオラートナーガパオ) 白いご飯の上に豚肉、香草、玉ねぎ、唐辛子を炒めたものがのせられています。上にある白いものは目玉焼きです。スープがセットでついてきます。お値段は現地通貨のKip(キープ)で17,000kip現在の日本円でおよそ250円…

ラオスで食べた米粉の麺はフーといいます

ເຝີ(フーといいます) : ベトナムでいうフォーと同じようなものです。米粉から作られた麺で、ラオスではポピュラーな食べ物のひとつになっています。看板を出していない、民家の軒先のような雰囲気のお店でも気軽に出されています。どんぶり一杯が現地通貨のk…